光脱毛

 

 

「脱毛」といえば、「毛がなくなって自己処理が楽になる!」「お肌がつるつる・すべすべになる!」といったイメージをお持ちだと思います。

 

しかし、一口に「脱毛」言っても、その種類はたくさんあります。

 

ここでは、脱毛を初めて考えている方にむけてざっくりと脱毛の種類やそのメリット・デメリットをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

脱毛の種類は大きく3種類!

 

脱毛の種類は大きく3種類あります。

 

・光脱毛

・医療脱毛(レーザー脱毛)
・針脱毛

 

 

特徴としては、

 

光脱毛や針脱毛はエステサロンで行われていることが多く、医療脱毛は、美容クリニックで行われています。
針脱毛は、1990年代に行われていた脱毛法で、今は、ほとんど行われていません。
現在、針脱毛が行われているのはTBCだけですね。針脱毛は価格が高価&痛みが大きかったので、あまり普及しませんでした。(ワキだけで50万〜100万くらいかかっていたとか…(; ・`д・´))

 

他にも、IPL脱毛やレーザー脱毛、SHR脱毛などと、いろいろ聞くと思いますが、呼び方をざっとまとめてみました!

 

 

光脱毛 医療脱毛 針脱毛

光脱毛
サロン脱毛
エステ脱毛
IPL脱毛
SHR脱毛
ハイパースキン脱毛
SSC脱毛

クリニック脱毛
レーザー脱毛

針脱毛
ニードル脱毛

 

現在、主流なのは光脱毛ですね。

 

 

効果としては、医療脱毛が最も高いんですが、お値段が高いのがネックです。

 

ここ数年で脱毛が爆発的に普及した理由は、光脱毛の技術が飛躍的に上がったことが挙げられます。
 
光脱毛は、脱毛価格が安く、痛みが少ない。

 

価格と痛みと効果のバランスが最もとれているのが光脱毛なんですね。

 

 

光脱毛と医療脱毛は全く別物として言われることが多いのですが、実は光脱毛と医療脱毛は同じ脱毛理論で抜けているんです。

 


光脱毛も医療脱毛も、毛根部分に光の熱エネルギーを与えて、毛根の働きを止めることで毛が抜けていきます。

 

左のイラストは、光脱毛(IPL脱毛)の図ですが、医療脱毛もこれと全く同じです。

 

医療脱毛の方が効果が高いのは、この光の出力が高いからなんです。

 

感覚的に言うと、光脱毛は医療脱毛は3倍くらいある感じですね。

 

脱毛に必要な回数も、医療脱毛は8〜10回、光脱毛は10回〜20回と、医療脱毛の方が少ないです。

 

「医療脱毛は痛い」といいますが、それは、この光の出力が強いからなんですね。

 

光の出力が強い分、火傷のリスクも大きくなります。

 

 

現在は、TBCでしか行われていない針脱毛ですが、針脱毛は、毛穴に針を刺して、1本ずつ抜いていく脱毛法です。

 

針を刺して、電流を流すので、とにかく痛い!!

 

針脱毛のメリットは、その日のうちに毛が抜けるので、サロンから帰るときにはツルツルで帰ることができます。

 

早急にツルツルにしたい!というときにおすすめの脱毛法です。

 

医療脱毛や光脱毛は個人差がありますが、照射後10日から2週間ほどで抜け落ちていきます。

 

それぞれの脱毛法の特徴をまとめました。

 

光脱毛 医療脱毛 針脱毛
価格 安い 高い 高い
痛み ほとんど感じない 痛い 最も痛い
全身施術にかかる時間 30分〜2時間 2時間〜3時間 10時間くらい?
抜けるまでにかかる期間 10日〜2週間 10日〜2週間 その場ですぐ抜ける
太い毛 得意! 最も得意!
細い毛・産毛 SHR脱毛が得意!
白髪・金髪 SHR脱毛OK! ×
日焼け肌 SHR脱毛OK × ×

 

それぞれの特徴はこんな感じです。

 

針脱毛は、確実に狙った毛を脱毛していくことができるので、特定の毛を抜きたい!という人におすすめ。

 

医療脱毛と光脱毛であれば、効果としてはもちろん医療脱毛の方が高いですが、価格もまだまだ高く、痛みも強いので、一番人気なのは光脱毛ですかね。

 

ただ、光脱毛と一口にいっても、大きく4種類の脱毛法があり、それぞれムダ毛へのアプローチが異なりますので、次の項では、それぞれのアプローチについて詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

光脱毛には、大きく4種類の脱毛法がある!

 

光脱毛には、IPL脱毛法、ハイパースキン脱毛法、SSC脱毛法、SHR脱毛法の4つの脱毛法があります。

 

それぞれ、光がアプローチする部分や得意な毛、苦手な毛が微妙に異なります。

 

 

 

SHR脱毛 IPL脱毛 ハイパースキン脱毛 SSC脱毛
アプローチ部分


バルジ領域・毛包

毛根 バルジ領域 毛根
効果 太い毛…◎細い毛…◎白髪・金髪…◎ほくろ・日焼け…OK 太い毛…◎細い毛…△白髪・金髪…×ほくろ・日焼け…NG 太い毛…〇細い毛…〇白髪・金髪…△ほくろ・日焼け…OK 太い毛…〇細い毛…〇白髪・金髪…△ほくろ・日焼け…NG
痛み ぽかぽか温かい程度 部分によりやや痛い ぽかぽか温かい程度 部分によりやや痛い
全身脱毛の時間 30〜40分 2〜3時間 1時間 3〜4時間
脱毛ペース 2週間〜1か月に1回 2〜3か月に1回 1か月に1回 2〜3か月に1回
脱毛完了までの期間 最短6か月 2〜4年 3〜5年 1〜2年
料金 安い 安い 安い 安い
サロン

ストラッシュ
ラココ
脱毛ラボ(一部)

銀座カラー
キレイモ

ディオーネ
カレン

ミュゼ

 

最も多くのサロンで採用されているのが、IPL脱毛法です。

 

IPL脱毛法は、医療脱毛の弱いバージョンといった感じで、医療脱毛と同じように黒く太い毛を得意とする脱毛法です。

 

太い毛は驚くほど抜けますが、産毛や白髪は反応がやや悪いのがデメリット。。

 

 

SHR脱毛は、最新式の脱毛法で、太い毛はもちろん、細い毛もしっかりと抜くことができるので、これから脱毛する方には、SHR脱毛がおすすめです。

 

医療脱毛をオススメする人の中には、「サロン脱毛は抜けない!」という方もいますが、個人的には、サロン脱毛には抜ける脱毛(SHR脱毛)と抜けない脱毛があるというのが正しい認識ですね。

 

 

光脱毛で毛が抜ける仕組みは「毛周期」がキーワード

毛周期とは、毛の生まれ変わるサイクルのこと。

 

一見すると、ずっと生えているように見えるムダ毛ですが、実は、毛が生まれ変わっては抜け落ち、また、違う毛が生えては抜け落ち…を延々と繰り返しています。

 

実は、ムダ毛の9割は、皮膚の中に潜んでいて、今、見えているムダ毛というのは全体のわずか1割に満たないというから驚きです。

 

毛周期は、休止期・成長期・退行期とよばれる3つのサイクルからなりたっています。

 

  • 休止期=毛が休んでいる状態で毛が生えていません。
  • 成長期=引っ張ると痛い毛。
  • 退行期=引っ張るとスポッと抜ける毛。

 

 

この3つの周期のうち、光脱毛の光に反応する毛が、成長期の毛です。

 

見分け方としては、引っ張ると少し痛い毛く、毛根がついている毛です。

 

 

眉などを毛抜きで抜くと、根元に白い半透明の粒がついていることがありませんか?あれが毛根で成長期の毛にあたります。

 

成長期の毛は全体の1割程度で、うち、毛根まで光の熱が届くのは約7割程度。

 

つまり、1回の脱毛で抜けるムダ毛は、全体の7%くらいです。

 

ということは、100%脱毛完了しようと思ったら…

 

100÷7=14.2857143

 

なんと、14回は最低照射回数がいることになります。

 

光脱毛は回数が必要というのも納得ですよね!

 

もちろん、ずっと剛毛のままというわけではなく、4、5回目からは毛質が柔らかくなってきます。

 

5回ほど照射すれば、1、2ヶ月くらいであればシェービングを全くしなくても大丈夫!という状態になりますよ^^

 

14回というのは、もちろん目安で、元々、毛量の少ない人だと10回程度で終わることもありますし、濃い方だと、もっとかかることもあります。

 

また、部位によって、毛の減り方には違いがあり、足や腕などは、比較的回数が少なくなる傾向があります。

 

逆に、ワキやデリケートゾーン、背中などは回数がいることが多いですね。

 

 

脱毛は「毛周期」に合わせて照射しないと効果ないって本当!?

 

脱毛は、1〜3か月に1回のペースで通うところがほとんどですが、これは、毛が成長期になるのを待ってから照射するからです。

 

毛根部分のアプローチする医療脱毛や従来のサロン脱毛法は、毛周期に合わせて照射しないと効果がないんですね。

 

 

え?じゃあ、14回も照射するのに1年以上かかるということ!?

 

そうなんです。

 

従来の脱毛法だと、月に1回ペースで終了まで最低14か月かかりますし、そして、大体のサロンは3か月に1回ペースで次の予約を取るので、14回脱毛が完了するのに、14回×3か月=42か月、約3年半かかる計算になるんですね。

 

 

 

…3年半!!やっぱり早く終わりたいなら医療脱毛がいいのかな〜?でも高いしな〜…

 

 

そんな方におすすめなのがSHR脱毛です。

 

 

 

SHR脱毛なら、脱毛完了まで最短半年!

 

せっかく全身脱毛をするならできるだけ早く脱毛卒業したい!という方はSHR脱毛がオススメです。

 

最新式のSHR脱毛は毛周期に関係なく照射できます。

 

SHR脱毛は、お肌全体に熱をため込んで毛の働きを止めていくので、毛周期に関係なく、どんどん照射していくことが可能なんですね。

毛周期に合わせての照射となると3か月に1回ペースでしか打つことができませんが、毛周期に関係なく打てるSHR脱毛だと、最短2週間ペースで脱毛を進めていくことが可能です。

 

つまり、脱毛卒業までの期間がものすごく早い!ということです。

 

SHR脱毛以外の脱毛法だと夏までに脱毛完了しようと思えば、1年前から通わなければいけませんが、SHR脱毛だとGWあたりからスタートしても十分に間に合う計算になります。

 

 

 

毛周期に関係なく、最短2週間で通うことができるのはSHR脱毛だけ!


医療脱毛も、光脱毛もすべて毛周期に合わせて照射していくので、毛が生えそろうまで、2〜3か月ペースで通うように案内されるサロンがほとんどなのですが、そのなかで、最短2週間で通うことができるのがSHR脱毛です。

 

SHR脱毛は、毛根だけでなく、毛包という「毛の種」にもアプローチしていくので、毛周期に関係なく照射することが可能です。

 

「え?そんなペースで通って抜けるの?」と思うかもしれませんが、抜けるんです!

 

SHR脱毛は、最新式の脱毛で、太い毛はもちろん、これまで苦手としていた産毛や白髪にもしっかりと反応する最新式の脱毛法です。

 

SHR脱毛法についてはこちらに詳しく書いています。

 

一口に「光脱毛」といってもその周囲は様々!

一口に「光脱毛」といっても、その種類は、サロン脱毛から医療脱毛、針脱毛と様々。

 

さらに、その中でも、光がアプローチする部分はそれぞれ異なり、その効果や得意とする毛、苦手とする毛は異なってきます。

 

確実に抜けるのは1本ずつ処理することができる針脱毛ですが、かかる時間も費用も他の脱毛法に群を抜いており、あまりやる人は最近は少ないですね〜。針を刺して電気を流すので、痛いのも敬遠されている理由です。

 

医療脱毛は、光の出力が強い分、回数が少なくてすみますが、やはり痛みが強いのと、価格が高いのがネックとなっています。

 

サロン脱毛の中では、SHR脱毛が個人的にはおすすめ!

 

私自身、実際にIPL脱毛で脱毛しましたが、毛が細くなってくると反応が悪くなり、なかなかツルツルまで行けなかったです。。泣

 

やはりおすすめは、価格と効果、そして、脱毛終了までの期間が短いSHR脱毛です。

 

新しい脱毛法なので、あまり聞いたことないかもしれませんが、細くなってからの抜けがIPL脱毛とは比較にならないです。

 

毛が太いうちは、「IPLの方が抜ける?」と思っていましたが、回数が進んでいくと、停滞することなくどんどん抜けていき、産毛までなくなっていきましたよ〜!

 

あと、通うペースが2週間とめちゃくちゃ早いのも良かったです。

 

それぞれの脱毛法の特性をしっかりと把握し、自分にあった脱毛法を見つけてくださいね!

page top