SHR脱毛マシンを導入しているサロンやSHR脱毛の脱毛理論をまとめました。

SHR脱毛は効果なし?脱毛理論とその効果を徹底解説!

SHR脱毛,効果

 

ここ2〜3年、じわじわと人気が出てきているSHR脱毛。

 

SHR脱毛は、従来の脱毛法の「産毛や白髪が抜けない」「痛みがある」「毛周期に合わせて通わなければならない」「ほくろやシミはNG」「日焼けはNG」といったデメリット部分をすべて克服した最新の脱毛法です。

 

価格もこれまでのサロン脱毛と同じくらいなので、「気になっている!」という人も多いと思います。

 

ここでは、最新式の新世代脱毛、SHR脱毛で毛が抜ける理論や特徴、他の脱毛法との違い、メリット・デメリットなどを徹底解説していきたいと思います。

最新式のSHR脱毛法とは?

SHR脱毛とは?

 

SHR脱毛とは、Super(「スーパー」) Hair(「毛」) Removable(「除去できる」)を略した脱毛法です。

 

SHR脱毛は、サロン脱毛であり、永久脱毛ではありません。(永久脱毛は医療脱毛のことを指します。)

 

 

これまで、サロン脱毛で主流のIPL脱毛やSSC脱毛方式は、光の波長を黒いもの(メラニン色素)に反応させて脱毛していたのですが、このSHR脱毛は、発毛の司令塔である「バルジ領域」と「毛包部分」にダメージを与えることで脱毛をすすめていくまったく新しい脱毛法です。

 

 

バルジ領域とは、毛を生やす司令塔とも言える部分なので、この領域にダメージを加えると、毛根は、司令塔からの指令を受け取ることができなくなるので、毛が生えなくなるのです。

 

 

IPL脱毛をはじめ、SSC脱毛やハイパースキン脱毛といった従来の脱毛法のデメリットをすべて克服した脱毛法で、どの脱毛法よりもデメリットが少ないのが最大の特徴です。

 

 

 

 

SHR脱毛よく例えられるのが、従来の脱毛が生えてきた草をひたすら抜いていたのに対し、SHR脱毛は、毛の種を取り除きながら、同時に生えてきた毛に対して、水カット&日照り攻撃をしていくアプローチ方法です。

 

SHR脱毛法は、9カ月で約100%の毛の種を取りつくすことができる脱毛法です。
これまでの脱毛法だと、毛が細くなってからがなかなかツルツルまでいかない…ということが多くありましたが、SHR脱毛は、アプローチが全く異なるので、ツルツルまでもっていくことができるようになりました。
細い毛も太い毛にも抜群の効果を実感できるのがSHR脱毛です。

 

 

 

SHR脱毛と他の脱毛法を表で比較!

 

さらにわかりやすくSHR脱毛を、他の脱毛法と比べてみました。

 

SHR脱毛 IPL・SSC脱毛 ハイパースキン脱毛 医療脱毛
アプローチ部分 バルジ領域・毛包 毛根 バルジ領域 毛根
効果

太い毛…◎
細い毛…◎
白髪・金髪…◎
ほくろ・日焼け…OK

太い毛…◎
細い毛…△
白髪・金髪…×
ほくろ・日焼け…NG

太い毛…〇
細い毛…〇
白髪・金髪…△
ほくろ・日焼け…OK

太い毛…◎
細い毛…〇
白髪・金髪…△
ほくろ・日焼け…NG

痛み


全然痛くない!


部分により痛い


全然痛くない!


痛い!!!!

全身脱毛の時間 30〜40分 2〜3時間 1時間 3〜4時間
脱毛ペース 2週間〜1か月に1回 2〜3か月に1回 1か月に1回 2〜3か月に1回
脱毛完了までの期間 最短6か月 2〜4年 3〜5年 1〜2年
料金 安い 安い 安い 高い
設置店 最新のマシンのため、設置店が少ない エステ脱毛の主流 一部脱毛サロン クリニック
サロン

ストラッシュ
ラココ
脱毛ラボ(一部)

銀座カラー
キレイモ
ミュゼ

ディオーネ
カレン

アリシア
表参道スキンクリニック
湘南美容外科クリニック


こうやって比較してみると、SHR脱毛が最新式の脱毛法であることが良くわかりますね。

 

効果も抜群、脱毛完了までも6か月、施術時間もわずか30分、痛みもない、料金も他のサロン脱毛と同じくらいなら、SHR脱毛一択です。

 

 

 

メリットが多すぎて逆に怪しいくらい!!(笑)

ただ、SHR脱毛はまだまだ店舗数が少ないのがデメリットですね。

 

通える範囲にSHR脱毛を導入している、ラココやストラッシュがある人はラッキーです。

 

 

SHR脱毛のメリット
  • 太い毛も細い毛もしっかりと抜ける!
  • 白髪・金髪も抜ける!
  • 痛くない!
  • 毛周期に関係なく脱毛可能!
  • 最短2週間ペースで通える!
  • 脱毛完了まで最短6か月!
  • ほくろ・シミ・あざにも照射可能!
  • 全身脱毛が30分!

 

SHR脱毛のデメリット
  • 導入しているサロンが少ない
  • まだ口コミが少ない

 

【特徴まとめ】SHR脱毛は他の脱毛法と何が違うの?

 

SHR脱毛が従来の脱毛法と全くアプローチ方法が違うということは分かったけれど、具体的にどんな違いがあるの?

 

 

SHR脱毛の具体的な特徴を4つまとめてみました。

 

◆効果がスゴイ!これまで抜けなかった白髪や金髪にも反応!


メラニン色素に反応させる従来の脱毛方法では、ほくろやシミには照射出来なかったり、メラニン色素のない白髪や産毛には効果がないというデメリットがありました。

 

対して、皮膚の浅い部分にあるバルジ領域全体に照射するSHR脱毛は、ほくろやシミにも照射でき、さらには、産毛や白髪までも反応させて脱毛を行うことができるのが大きなメリット!

 

SHR脱毛は、毛の太い細い関係なくアプローチして脱毛していけるので、産毛はもちろん白髪や金髪も効果的に反応させることができます。

 

また、メラニン色素に反応しないので、ほくろの毛にも照射できますし、日焼けをした肌でも施術をすることができます。

 

 

私のように体質的にほくろが多い人は、ほくろの上も脱毛できるというのは魅力です。

 

顔は特にほくろの中?に毛が生えていたりするので、ほくろ関係なく照射してもらえるのはありがたかったです。(ちなみに従来の脱毛法では、ほくろは避けて打つか、シールを貼られていました。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

◆脱毛完了まで最短6か月!どこよりも早い!

 


SHR脱毛は、毛根ではなく、バルジ領域に光をあてて脱毛を進めていきます。

 

 

 

……??…それって、どういうこと?

 

脱毛法であれば、毛周期(毛の生まれ変わり)に合わせて、光を照射して、毛根の働きをストップしていたのですが、SHR脱毛は、毛周期に関係なく照射することができるようになったんですね。

 

SHR脱毛は「毛の種」にアプローチしていくので、「種」ができた段階(これが2週間かかるんだと思う)で照射すれば「種」を除去できるんですね。

 

従来の脱毛法は、「種」から「根」が生えた段階でないと反応しなかったので、この「根」が生えるまでに2〜3か月かかるので、その分、来店ペースも遅くなる感じ。

 

SHR脱毛は、土に植わって根付いて…の時間が短縮できるので、ガンガン照射ができるのです。

 

毛周期に合わせて脱毛する従来の脱毛法が、2〜3か月に1回のペースで通うのに対しSHR脱毛であれば、最短2週間ペース脱毛に通うことができるんですね。

 


どんどん「種」を取っていけるので、必然的に脱毛終了までの期間も従来のサロンよりも早くなります。

 

SHR脱毛を導入しているストラッシュとラココでは、2〜3週間に1回ペースで来店予約を取ってくれますよ!(^^)

 

3か月ペースで通うのに比べ、2週間ペースで通えれば、単純に6倍のスピードで脱毛完了できます。

 

嘘みたいですが、これがSHR脱毛の凄さです!

 

 

◆SHR脱毛は痛くない!

 

 

SHR脱毛は、わずかに温かみを感じる程度で、ほとんど痛みがないのも特徴です。

 

サロン脱毛は医療脱毛に比べて痛みが少ないのが魅力でしたが、SHR脱毛は他のサロン脱毛の中でもさらに痛みを感じにくくなっています。

 

その理由は、SHR脱毛が、毛根ではなく、バルジ領域と毛包にアプローチするから。

 

メラニン色素の反応させるIPL脱毛やSSC脱毛、医療脱毛(レーザー脱毛)は、皮膚の深い部分にある毛根部に熱を加えるので、部位によっては刺すような痛みを感じを感じますが、SHR脱毛は、肌の浅いバルジ領域部分に熱を伝えていくので、痛みを感じず、火傷のリスクがほとんどありません。

 

IPL脱毛やレーザー脱毛は、脇やデリケートゾーンをするときにかなりの痛みを感じていましたが、SHR脱毛はほとんど痛みを感じません。

 

私自身も、SHR脱毛を扱うストラッシュで腕に機器をあててもらったことがありますが、「え?もう終わった?」ってくらい何も感じませんでした。

 

骨に近い部分(オデコや骨盤あたり)はわずかにポカポカっと温かさを感じますが、その他の部分はほとんど“無”でした!

 

終わってから、温泉に入った後のように「ポカ〜」と温かくなっていて、「あ、効いてるんだな」と思うくらいで、施術中は寝てしまうくらい痛みはなかったです。

 

これは、SHR脱毛がバルジ領域に作用するのに加え、照射エネルギーを数回に分けて照射するのも関係しているようです。

 

SHR脱毛は、いわゆる「蓄熱式」と呼ばれる脱毛法です。

 

↓下は、SHR脱毛を採用しているlacoco(ラココ)の施術動画です。

 

 

これまでのIPL脱毛は、“単発式”といって一発でエネルギーを与えるため、ビビビッ!とどうしても熱さを感じてしまっていました。

 

一方、SHR脱毛は、ビッ!ビッ!ビッ!とエネルギーを分けて照射して、バルジ領域の温度を上げるので、ほとんど熱さを感じないんですね。

 

従来の脱毛法がフライパンで卵を焼いていたのに対して、SHR脱毛は、ゆで卵のようにジワジワ〜と熱を加えていくイメージが近いです。

 

白味の部分が白くなれば、脱毛できるというイメージなので、フライパンで焼いても茹でても、卵の白身は白くなりますよね?

 

フライパンで焼くと、白身が焦げるリスク(=火傷のリスク)があるのに対して、ゆで卵はツルンと茹でられるので火傷のリスクがありません。

 

SHR脱毛は、痛みなし・リスクなしで高い効果を期待できる脱毛法です。

 

TIP!

 

SHR脱毛は、「蓄熱式脱毛」と呼ばれることもあります。

 

そもそも、脱毛方法には、「単発式」と「蓄熱式」の2種類があり、「単発式」とは、いわゆる、一気に光エネルギーを与える方法で、「蓄熱式」とは、光エネルギーを数回に分けて照射する方法です。

 

機械に熱をため込んでから、照射するので「蓄熱式」とよばれるようです。

 

 

◆全身脱毛がわずか30分〜40分で終了!どこよりも早い!

 

さらに、1回にかける施術時間も、医療脱毛だと数時間かかってしまうのに対し、SHR脱毛はわずか30〜40分で全身脱毛が完了できてしまいます。

 

通常、全身脱毛にかかる施術時間は短くても2時間、医療脱毛になると3〜4時間かかってしまいます。

 

あまりにも長いので、ほとんどのサロンでは、体を4分割や16分割など、分割して施術を行っています。

 

例えば、体を4分割しているサロンでは、1回来るたびに今日は上半身のお腹側、次は上半身の背中側…という風に分けて照射しています。

 

これだと、全身に2時間かかるとしても、4分の1の体であれば、30分で済みますからね!

 

しかしこれだと、全身1周するのに約4か月かかってしまいます。

 

脱毛ラボさんの月額1990円のコースなんかだと、全身を56部位に分けていて1回に施術できるのはわずか4部位。。

 

全身1回脱毛完了するのに、14か月かかってしまいます。

 

その点、SHR脱毛は、1回の全身脱毛をわずか30分で完了させることができるので、1回の来店で全身脱毛しているサロンがほとんどです。

 

1回の来店で全身脱毛完了するのと、14回の来店で全身脱毛するのでは、完了までの期間が全然違います!

 

出力の強い医療脱毛も、最小回数が5回で行けたりしますが、医療脱毛は、2〜3か月に1回ペースで脱毛を行っていくので、2か月ペースで通ったとしても、5回完了するまでに10か月は最低かかってしまいます。

 

さらに、SHR脱毛は、毛周期に関係なく毎月脱毛することが可能なので、最短6か月で脱毛が完了するというわけです。

SHR脱毛の脱毛に必要な回数はどのくらい?効果はどのくらい?

これまでの脱毛法は、毛周期に合わせて、サロンに行き、照射を行う脱毛法が一般的でしたが、SHR脱毛は、毛の種をとっていく脱毛法なので、毛周期に関係なく=期間に関係なく照射できるのはお伝えした通りです。

 

SHR脱毛で脱毛の効果を実感するための回数は、IPL脱毛と同じくらいで、15回〜20回ほど(個人差あり)。

 

必要などっちも同じくらいの回数なのですが、最後に残る細い毛は断然SHR脱毛が少ないです。

 

 

 

IPLは15回で終わるは終わるけれど、チョロチョロ生えてくるし、追加するまでもないけれど気が付いたときにシェービングする必要があります。

 

 

IPL脱毛とSHR脱毛で脱毛したときの感じ方の違い

 

 

IPL脱毛 SHR脱毛
1回目〜3回目 面白いくらい抜ける!

毛がだんだんと細くなる
(一気に抜けることはない)

4回目〜5回目

毛がだんだんと細くなる
(ジョリジョリ感がなくなる)

毛がだんだんと細くなる
(ジョリジョリ感がなくなる)

6回目〜8回目 停滞期

毛がどんどん細く勢いがなくなる
(「あれ?減っている?」と実感できる)

9回目〜10回目

だんだんと減ってくる
(最初に比べると減っていると実感できる)

毛がどんどん細く勢いがなくなる
11回目〜15回目

太い毛がほぼなくなる
細い毛はまだ残っている

細い毛もさらに細く短くなる
15回目〜20回目 細い毛がなかなか減らない… 細い毛もさらに短くなり、毛がほぼなくなる
21回目〜

細い毛がなかなか減らない…
休眠期の毛が目を覚ましてチョロチョロと生えたりする

(脱毛完了!)

 

効果としては、最初の方はIPLの方が抜けを実感しますね!

 

照射後1週間くらいでスポッ!っと反応した毛が抜けるので、「おお〜!効いてる〜!」という感じがします。

 

一方、SHR脱毛は、毛がスポッと抜けることはなく、だんだんと毛の勢いが弱まり、毛が細くなる感じです。

 

実感としては、正直、最初の方はあまりないです。

 

ただ、回数を重ねていくと、SHR脱毛は最初と変わらない勢いでどんどんと減毛していくのに対し、IPL脱毛法は、停滞期に入る感じがしました。

 

IPL脱毛法は毛が太いうちはものすごく効果を実感できますが、細くなってきてからがやはり効果が弱めですね。

 

10回目以降は、「本当に減ってる!?」というくらい、抜けがわかりにくかったです。

 

下の画像は、実際に脇脱毛をIPL脱毛で30回くらいやった後ですが、このくらい残っています。

 

【画像】脇30回IPL脱毛器で照射

 

上の方が残っているのは、たぶん照射漏れですね。

 

もともとは剛毛なので、毛自体は細くなっていますが、その分、長くなりました。

 

脇は、毛が太い部位なので、比較的IPL脱毛の反応はいいです。

 

ただ、脇の中心部分も時間とともにチョロチョロとまだ生えてきます。

 

背中は、20回IPL脱毛器で照射してこの状態です。

 

【背中】IPL脱毛20回照射

 

 

20回もすればツルツルになれると思っていましたが、まだまだ残っています。。

 

やはり、IPL脱毛は、産毛になってからが手ごわいですね。

 

SHR脱毛が従来のIPL脱毛と大きく違うのは、SHR脱毛は、太い毛も細い毛も同じように効果があるという点です。

 

脱毛はじめの頃は、「IPLの方が抜けたやん!」と思いますが、回数を重ねていくと、特に、効果の落ちやすい8〜10回目以降(毛が細くなってから)も、どんどん減毛していく感じです。

 

SHR脱毛だと、半年〜9か月くらいで、産毛のないツルツル美肌を実感できます。

 

IPL脱毛だと、正直、ツルツルになるには40回くらいいるんではないかと感じます。

 

安全性は大丈夫…?SHR脱毛法の危険性やリスクをチェック!

 

SHR脱毛は、皮膚の浅い部分に単発的にビッ!ビッ!ビッ!とエネルギーを与えていきます。

 

熱の入り方がIPL脱毛や医療脱毛よりも格段に優しいので、火傷のリスクはほとんどありません。

 

 

SHR脱毛は、エネルギーが低いのにプラスして、照射面に冷却機能をつけているので、火傷の心配がないばかりか、痛みを感じることもほとんどありません。

SHR脱毛ができる脱毛器を導入しているサロンは、ストラッシュ・ラココ・脱毛ラボ!

SHR脱毛の脱毛マシンを導入しているサロンは、ストラッシュ・ラココ・脱毛ラボの3店舗です。

 

脱毛ラボは、これまで、SSC方式の脱毛マシンをメインで使っていましたが、最近、一部店舗にSHR脱毛の導入をはじめました。

 

全店舗でSHR脱毛のマシンを導入しているのは、ストラッシュとラココのみです。

 

SHR脱毛自体、まだ新しい脱毛方式なので、取り扱っているサロンがとても少ないのがネックですね。

 

 

ストラッシュ ラココ
店舗数 13店舗 30店舗
オープン年 2015年 2014年
導入マシン SHR脱毛 SHR脱毛
月額プラン 7980円〜 3000円〜
パックプラン 6回 95760円(1回あたり 15960円) 5回 69000円(1回あたり 13800円)
都度払いプラン 21980円/回 なし
部分脱毛プラン 参考価格2750円 参考価格2163円
通い放題プラン 369800円 648000円
顔のみプラン あり!(6回 52980円〜) なし
特長

通い放題が安い!
顔のみプランがある!
4往復脱毛してくれる!!
圧倒的な効果!!

メーカー直営でリーズナブル!
業界最安値!!
体/VIO/顔が分けられており、体だけ脱毛可能!

 

料金だけをみると、ラココが一番安いですね。

 

ただ、ストラッシュは、全部位2往復(4回)照射してもらえるので、照射漏れが少ないというメリットもあります。

 

価格とパフォーマンスのバランスを優先するならラココ、パフォーマンスをとるならストラッシュですかね。

 

 

page top